古宮九時 Babel 全4巻

Unnamed memoryと同じ舞台で、数百年後の世界。Unnamed memoryまで読んでいるので、おそらくあの人たちが出てくるとは予想ができる。言語に対する考え方が面白い。英語は、聞き取ることは難しいけれど、単語の意味が分かれば結構理解できるので、構成はそれほど難しくないのだろう。YouTubeで字幕を出しながら見ると、単語の意味が分かっても何を言っているのかわからないことがあるので、日本語でも同じことだろうけど、個人の説明の上手下手があるのだろう。

1巻は普通に購入し、読んでいる間に残りの3冊がアンリミテッドで読めるようになったので、1箇月だけ登録して読むことにした。おそらく読み返すことはないし、こちらの方が買うよりも安い。ただ、このエントリを読んだ人が見に行ったときにアンリミテッドで読めるかどうかはわからない。

主人公はたくましい少女。今、異世界に行ってこれほどたくましく生きられる少女が日本にどれくらいいるだろうか。まあ、だからこそ主人公だと言える。異世界に飛ばされてストレスで亡くなる人は、きっと物語にはならない。

後日譚がない点が不満だ、との感想がアマゾンにあったので、「小説家になろう」のサイトで後日譚を少し読みつつある。1冊にするには分量が不足しているのかもしれないけど、要望が多ければ本になるのでは。本で読み始めたので、「小説家になろう」の方は見ていなかったのだけど、ほとんど本と同じ内容があるのだろうか。本になると公開しているほうは更新を止めてしまったり、過去の公開分を読めなくしてしまうことが多い印象だった。まあ、一人で全部できてしまう人もいるけれど、ある程度編集の目が入ったほうが文章としては読みやすくなるのではないかと思う。面白さが失われる、という人もいるかもしれないけど、そもそも読みづらかったら面白さも伝わりにくいと思うので、編集が入ることには賛成派だ。web版を読む場合、おそらく縦書きpdfに出力することになるのだろうけど、長音記号の表示が変なので少し気になる。楽しむ支障になるわけではないけれど、本で出ているのならそちらを読むかもしれない(値段にもよるけれど)。

日本人は長期間英語を学んできても身についていない、といわれがちだけど、例えば英語のニュースであればなんとなく意味が理解できても、ロシア語のニュースはほとんど理解できないことを考えると、多少なりとも身についているのではないかと思う。YouTubeでも英語字幕を付ければなんとなく意味は分かる(日本語字幕のほうが意味が分からないこともあるので、ものによっては英語字幕でみる)

 

このBabelという作品は、全4巻の中にいろいろなことを上手にまとめている作品だ。この感想を書いている時点で古宮九時さんの作品はUnnamed memoryBabelしか読んでいないけど、非常に満足している。登場人物がクロスオーバーする作品はあたりもあれば外れもありそうだけど(外れは忘れてしまったのかとっさに思い出せない)、いい感じでできていると思う。ほかの作品についても、読んでみたいと感じさせる作家だった。

 

 

 古宮九時 Unnamed memory-after The end- 1巻

あらすじは販売サイトでも参照してもらったら、とおもう。前作とかBabelを読んでいたほうが面白い。

身体的なピークは比較的若いうちにあって、そこからの落ち方は結構激しく、自覚できることも多い。一方で、思考など、脳の活動については、もちろん同時期に瞬発力のピークが来ているのだろうけど、考えるということは過去の知識を使うことも多く、総量として減ることは自覚しづらいのではないだろうか。高齢になっても記憶力や思考力が衰えない人は、常に考えているからなのだろうか。かといって思考力が衰える人があまり物事を考えない人とも限らないのだろうけど、どこで違いが出てくるのかは興味がある。と書いては見たものの、高齢になるとあまり考えなくても、これまでの経験で物事を進められることが多い気はする。新しい仕事や、新しい場所での生活はストレスになるとか時々ニュースで見るけれど、高齢になってからの付加は、身体的な不可と同じように、受け止めることが難しくなっているのだろう。若者にとっては適度なストレスになるような負荷でも、高齢者には体調を悪くするような負荷ということか。

どれだけ長い間一緒にいたとしてもそれがストレスではなく、楽しく感じられる相手がいるのは素晴らしいことなのだと思う。正直に書くと、長く一緒にいてもストレスにならない人が想像できないのだけど、世の中にはいつまでたっても仲がいい人たちはたくさんいるし、きっとそういう関係性もあるのだろう。

一人でいることに慣れてしまうと、他人と生活することにかなり抵抗感がある。そういう意味では、ティナーシャは柔軟な思考を持っているのだなと感じる。一人がうらやましい、という家族持ちも時々いるけれど、子供が巣立っていったらさみしいようだ。どっちなの?と思うけど、実際には一人だと寂しいタイプの人なのだろう。今は仕事をしているので、誰との話さないことはないけど、休日はだれとも話さない。これが続くと寂しくなるのだろうか。新型コロナウイルスの感染拡大が起きてから、比較的長い休みも一人で過ごす機会が何度かあった。それでも、まだ特にさみしいと感じたことはない。一人に向いているのか、いつでも話す相手がいると考えて高をくくっているのか。

一人で過ごすようになってから、一人で死ぬときのことをよく考える。部屋で死ぬ場合は、きっと、死体の処理があるから死ぬなら死ぬと連絡しなければ、と考えながら死ぬのだろう。病院では、ある程度死ぬまでの猶予がありそうなので、死後の処理については済ませていたい。

 

 

 古宮九時 Unnamed memory 6巻

面白かった。万が一未読の人がここの読んだとき、面白さを損なわないように感想を書くのが難しい作品だ。内容にはほとんど触れない感想となった。とはいえ、基本的には内容そのものの感想を書くのではなく、読んで気が付いたこととか思ったことを書くようにしているので、方針としては問題はない。ただ、直接ではなくても、感想を書くと読んだ人が全体像に気が付いてしまいそうだったので書かなかったこともある。咀嚼しきれていない部分があるような気がするけど、それを差し引いても楽しく読めた。アニメ化しても面白いだろうけど、掛け合いが面白い作品なので、ドラマCDでも面白いかもしれない。人気もあるようだし、楽しみにしておこう。

 

 

 

 古宮九時 Unnamed memory 5巻

 

この巻も面白い。ちゃんと着地するのか、と思いつつ読んだ。小説では美男美女の登場人物が出てくることが多く、作品としてはもちろん面白く読んでいるのだけれど、周辺の人物に感情移入することが多い。流れ弾に当たって死ぬ人や、強大な武器や魔法で一気に数万人が殺されたうちの一人に近い存在だと認識しているからだ。ほかの人はどういう読み方をするのだろうか。少し気になる。もし自分が主人公だったら、という読み方は今までしたことがないかもしれない。人生は自分自身が主人公だ、とはいうものの、主体は自分であっても、自分が登場する世界の主人公ではないと感じる。

歴史に名を残したい、と願う人はそこそこいるようだけど、余り何かを残したいとは思わない。何かの感想で書いたような気もするけれど、死んだあとはきれいさっぱり存在がなくなってほしい。こうやって感想を書いているのは矛盾しているのでは、とも思うけど、こんなウェブの末端にあるような感想ブログは、死んだあと数年も持って入れば上々だろう。物理的に残すものもほとんどないし、自分の写真もほとんどないはずだ。知り合いが撮った写真に写っていたとしても、ほとんど見返されることはないだろうし、そうなってしまうと消えたと同等と考えてよいだろう。

タイトルのUnnamed memoryについて考えてみよう。名前のない記憶。たいていの記憶には名前がないと思うのだけど、どういう意味なのだろう。もし機械なら、記憶に名前がついていてもおかしくはない。057022とか。でも、ヒトの場合そういう意味での名前ではないだろうから、結婚式、とか、○○との戦い、との名前を付けているのだろうか。それもまた違う気がする。やはり、記憶には名前はない。ここまで読んでも、まだタイトルの意味が理解できていないという体たらく。最終巻を読んだらわかるのだろうか。

 

 

 古宮九時 Unnamed memory 4巻

まだ途中だけど、これ以降は、もう直接内容に触れるような感想は書かないこととする。少し調べたら中身に触れている感想もたくさん見つかるけれど、それを増やす必要はない。面白いと感じたことははっきり記載しておこう。これを書いている時点では、まだ5巻以降は買っていないけど、まず間違いなく購入する。一気に買ってもいいのだけど、読み終わる前にフェアとか始まるとなんとなく悔しいので、シリーズを後追いするときは、一気には買わないようにしている。

お見合い結婚でも、怪しげなアプリを介して結婚した人でも、当初は好意が無くても時間を経るにしたがって、好意を抱くこともあるらしい。逆に、すごく盛り上がって結婚したにもかかわらず、互いに嫌いあうことになってしまう人もいるらしい。物語では、見た目の良い王子様にあこがれて、そのまま幸せになる人がいたり、見た目とのギャップに失望しながらも、別の面に惹かれ、幸せになる人がいたり、見た目の悪い王子様と結婚する羽目になったけど、人柄にひかれてしあわせになるひとがいたりする。何かの本かサイトで、幸せについて考えてしまうと視点が未来に向かうので、不安やいら立ちが生まれてしまうとあった(はず)今現在の状況に目を向けると、それなりに楽しいことがあって、辛いこともあるかもしれないけど、それらはいつまでも続くものではないから、目の前の楽しいことに目を向けよう、との論旨だったと思う。それは一つの考え方であり、納得できる部分もあるけれど、やはり、どのような過程を経て死ぬのかを考えてしまう。ずっと先まではわからないとしても、少し先までは楽しいことがあると思いながら生きていたいものだ。

物理的にも社会的にも大きな力を持つことはなかったしこれからもないので、持てる者の苦しみは、想像するものの共感はむずかしい。物語の主人公は王族なので、本作ではあまり生活に苦しむような人は出なくて、王としての義務や葛藤が描かれている。書いている人ももちろん王族ではないだろうから、それはそれで想像の産物なのだとおもうと、本当にこんなことで葛藤するのだろうか、などと考えてしまうときもある。現実の世界では自分に見合った、と言うも変だけど、分相応な苦しみがあって、それでもなかなかに苦しいこともある。大きな病気をしていないのは幸いなことで、仕事がつまらないとか辞めたいとか考える毎日であっても、どこかで楽しみを探すことはできる。常に痛みや苦しみがあれば、小さなことであっても楽しみを見つけ出すのは難しい。最近は、本を読んでいても現実の嫌なことをふと思い出すことがあって、あまり楽しめていないなとも思う。

本編に触れないと取り留めのない話が続いてしまい、まとまりがなくなってしまったかもしれない。普段の感想も、そんなものといえばそんなものではあるけれど。ということで、5巻も買ったので、これから読む。

 

 

 

 古宮九時 Unnamed memory 3巻

ちょっと詳しく書くと興を削ぐので曖昧に書くけれど、これまで読んだことが無い設定があった。この設定は読んだことが無いのでは、と思う。

そういうわけで、この巻については直接的な感想は書かないし、もしかしたらこの後も書かないかもしれない。それに触れずに内容を語るのは難しい。話はとても面白いので、読もうかどうか迷っている人がいたら背中を押してもいいのだけど、気に入らない人もいるかもしれない。アマゾンの感想を見る限り、そういう人は少数派のようだ。

他人への好意について、自覚したらそれを伝えるかと言うと必ずしもそうではない。今まで自分から好意を伝えたことは数回あるけれど、特に何も期待してはおらず、ただ、面白い隣人で終わるのも少し悲しいので伝えたのがほとんどだ。もともと相手方にパートナがいたこともあったし、実際には困惑させてしまったことのほうが多いと思う。好意を伝えて、それが受け入れられたらいわゆるお付き合いが始まるのだろうけど、一人身が続いている。特に嫌われてはいないと思いたいところだし、嫌いなわけではないと言われたこともある。残念ながら、誰かの人生を変えるほどの影響力はなかったのだろう。なぜこの話題になったかと言うと、本作では、結構はっきりと私はあなたと一緒に入れて幸せだ、と伝えることが多いからだ。はっきりと伝える主人公の姿勢にぐっとくる。言葉にしないと伝わらないよなあ、と思いつつ、はっきり伝えることに抵抗があるのはなぜなのだろう。

これから先、誰かに好意を伝えることはもうないかもしれない。積極的に人とかかわることはないので、その可能性は高い。好きだと伝えた相手から、好きだ、といわれるのはきっと幸せなのだろう。うらやましい気もするけれど、ワールドカップで優勝している人たちを見るような、自分とはだいぶ離れた地点での出来事のようにも感じる。物語は当然フィクションであり、もちろん自分自身ではないのだけど、ほんの少し、そういった幸せを分けてもらえたような気がして、読んでよかったなとおもう。

 

 

 

 古宮九時 Unnamed memory 2巻

ちょっと自分とは能力も立場も違いすぎて共感はできないけれど、能力に優れた人も、それはそれで苦悩があるのだな、と想像する。2巻では、ティナーシャの若いころ(見た目はずっと若いけれど)の出来事が描かれている。若いままでいることと、その状態が解かれることについて若干、ん?と思うことはある。時間を止める技は多くのフィクションで出てくるけれど、周りの時間が止まっている間本人の時間が流れて、本人の老化だけが早まるパターンは、まあフィクションとしてはあってもいいかとおもう。周りの時間が止まっていて、その間自分も動けるのに自分の時間も流れないのはちょっと違うのでは。その間、自分だけ超高速で動けるとしても、うっかり触ってしまったら自分も相手も大ダメージを受けてしまうだろうし、光も止まっているので何も見えない、移動するたびに、そこの空間に残った光だけが見えるかもしれない。そこまで言わなくても、自分だけが動けるのは、もはや時間を止める技術ではない。真面目に考えると、時間が止まった時は自分も止まっているだろうから、主観的にも客観的にも何も変わらない。しょっちゅう時間が止まっていたとしても同じことなのだ、とかおもってしまう。もちろん、フィクションでそんな風に考えると面白くないので、時間を止められると言われるとそれを受け入れて読んでいる。

ティナーシャは強大な魔力を持っていてもあまり遠慮しないし、魔法ではできないこともあるようだ。結構記憶も好きにできるみたいだけど、周りとの整合性を考えると、個人の記憶を消しても何かのきっかけで戻りそうだし、記憶を焼き切るようなことをすると人格にも影響しそうなので、そこまで自由でもないようだ。

一人きりで長く生きることを楽しめるか、と言うと、ある程度は大丈夫かもしれないけど、何百年となると、死にたくなるような気がする。今は、もちろん楽しいことばかりではないし、老化もするので、こんな状態で長生きしたいとは到底思えないけど、若いころの体を持ったまま、苦痛がそれほど多くなければ、ちょっと長生きはしてみたい。