アマゾンプライムでみたアニメや映画

連休中にどこにも行くことがなく、せっかくアマゾンプライムに入っているので、と思いいくつか映画を見た。 プライムへのリンク方法がよくわからないのでDVDか本にリンクした。

蜜蜂と遠雷

 

 

悪くはなかったけど、原作の内容を考えると分量が圧倒的に足りない。原作を読んでいなければわからないのでは、と思う点がいくつかあった。ただし、それは映画を見慣れていないものの感想であって、想像力に優れている人にとってはそうでもないのかもしれない。

・響ーHIBIKIー 

 

こちらはコンパクトに纏まっていた。人物の背景など、わからない部分は多いけど、映画としては十分な構成だった。ラストの場面は普通なら死んでいると思う。エキセントリックを演じようとしてああいうことをすると死ぬだろう。主人公の女性も良かったけど、友人役の女性が特に良かった。他の作品も見てみようかな、と思ったけどあまり映画には出いないみたい。

・MIU404

 

 アンナチュラルをみて面白かったので、同じ脚本家のMIU404を見た。新型コロナウイルスの感染拡大により、収録話数が減ったみたい。確かに、もう少し話があれば充実したのかもしれない。見終わったあと、他者の感想を少し見てみたら、話数が減っていてもその中でよくまとまっていた、との意見があった。それはそれとして、やはりもう少し話があったほうが良かっただろう、ともおもう。顔をしっかりと認識してしまうとなかなか役として受け止められなくなってしまう(誰々が演技をしていると受け止めてしまう)ので、知らない人の演技の方に惹かれてしまう。七光に苦しむ青年役のひとや、うどん好きな先輩が良かった。

 

ここからは連休関係なしに見たもの。

・美少年探偵団

 

坂本真綾がこんなにたくさん話す作品って他にあるのだろうか。中学生には聞こえないけど、好きな声なのでたくさん話しているのが嬉しい。まだ続くようで楽しみ。

・Vivy

 本編は、YouTubeのラジオと合わせて見ていたら途中までとても面白かった。エンディングにはコメントなしで。AIらしさがなく、人の形に引きずられすぎで、例えば人の形をしているからと行って眼球から情報を収集する必要はないと思う。また、歌姫なので肺呼吸して喉から声を出していた用に見えるけど、その必然性は特に描かれていなかった。喉から音を出さないと感動できないのか、との疑問は残る。

・裏世界ピクニック

描くべきポイントがずれていたのかな、と思う。

 

 城平京 虚構推理

 

 

 

 

半額分ポイントが戻るのか実際に半額だったのかは忘れたけど、購入していたものを最近読んだ。もともとの原作にどの程度の情報を提供していたのかはわからないけど、作画担当が優れていることがよくわかった。今回のように漫画を先に読むことはあまりなくて、小説を読んだ後に漫画を読んでも作画の過不足を感じることがおおい。でも、虚構推理では、小説が漫画を描き起こしたように感じられるほどだった。小説を先に読んでいたら、それはそれで楽しめたとも思うけど、漫画が優れていたために、無理に小説を読まなくても良かったのでは、と少し思ってしまった。アニメも見たので主人公の声も脳内で再現されていたし、しばらくたてばアニメを見たのか漫画を見たのかわからなくなるだろう。第2期のアニメ化が決定しているようだけど、見るかどうかはまだ決めかねている。

 ワクチン・レース

 

 

ワクチンができるまでの物語。Kindleで買ったので厚さを今一つイメージしないままに読んでいたら、思いのほか長かった。最後の14%ぐらいは参考文献だけど。

ざっくりとした話はhttps://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v10/n9/%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E3%83%92%E3%83%88%E7%B4%B0%E8%83%9E%E6%A0%AAWI-38%E3%81%AE%E5%85%89%E3%81%A8%E5%BD%B1/46063書いてある。だから読まなくていい、というわけではない。

これは従来のワクチンを作る方法の話だ。多くの人がワクチン開発に携わり、貢献してきたことが分かる。この話を読んでいて感じたのは、結果の解釈をどうとらえるか、つまり効果があったと大きくとらえたり、副反応が少ないと捉えたりすることはあっても、結果をねつ造する人が少ないことの高潔さというか、科学に対する姿勢の良さだ。結果をごまかす人がいたらそれだけ科学は遅滞する。ごまかす人がいないことが前提になっているからだ。データの再現性が無いことももちろんあるだろう。再現性のないときは、条件が一定ではないか、そもそも再現されないことかだ。ヒトが操作することだし、施設の条件も一定ではないので、再現性が無くてもやむを得ないこともある。反面、他施設にわたって再現されることは、科学的に事実であると言える。iPS細胞など、あれほど再現されるのであれば疑いようもない。と、ここで思い出したけれど、STAP細胞の再現を試みている人はいるのだろうか。あれは、本人ですら再現できない実験(実験ノートがないから)なので、同じような現象が起きたとしても、それはもう別の試験といっていい。陰謀論が好きな人がそれなりの数いるようなので、まだ支持しているひともきっといるのだろう。

ここにきてワクチンの開発は一気に進んだように見える。安全性や効果に疑問を持たれていたmRNAワクチンが圧倒的な効果を示した。安全性にはわずかに懸念が残るものの、これはかなり画期的なことだと思う。新型コロナウイルスのワクチンがどうこうではなく、mRNAワクチンが機能することが判明したことが画期的だ。次のノーベル医学生理学賞を取る可能性は高い。一般的なワクチンは健常人に向けて投与するので非常に高い安全性が求められる。しかし、これを抗がんワクチンとして使用するのであれば、安全性はかなり高い。癌の治療が停滞しているとも聞くし、今現在苦しんでいる人にとっては慰めにはならないかもしれないけれど、これから一気に癌の治療が変わる可能性が出てきた。とても楽しみだ。

mRNAワクチンができたのも、これまでのワクチンの開発があってのことだ。一つ一つ別の場所で積み重ねられてきたことがつながるのを見るのはとても面白い。mRNAワクチンはこれからもっと安価になるだろうし、各国で作られるようになるだろう。少し時間はかかっても、新型コロナウイルスの蔓延は食い止められることを信じてもう少し自粛生活を維持したい。

 三体 

 

それぞれ読んだ直後に感想を書いた。

1

少し前から中国人作家のSFを少しずつ見かけるようになり、海外でも評価が高い作家がいることは知っていたけれど、積極的に情報を集めてはいなかった。地球往事シリーズ(?)の三部作の一つ、三体が発売された。売れてしまったのか入荷していないのか、近所の本屋では見当たらなかったので、Kindleで購入した(これを書いたのは発売後最初の日曜日だけど、83日時点で本屋さんに並んでいた)。評判が良いことはなんとなく記事のタイトルなどでわかっていたけれど、細かいことは調べずに読んだ。

あらすじ等は他のサイトにもたくさん書いてあるのだろうから、特に書かない。感想は、内容に触れずに書くと、リーダビリティが高く、飽きさせない展開で面白かった。盛り上がったところで終わり、次が2020年予定だと書いてある。下手をすると三作目が出るのは2022年ぐらいまで待たなければいけないのか、と思ったけど、若くないからか、それくらいの年月なら待つこと自体は苦ではない。前向きに考えるなら、それまで生きてみようと思えた。次回作が楽しみな作家がいれば、それを読むまではなんとなく生きてみよう、と思える。一方で、途中で読まなくなった本も多い。自分自身についてもそうだけど、区切りの良いところで物語が完結するとは限らない。読めなかったらそこまでだ、とも思う。この先楽しみが全くない状態と、わずかながら楽しみが待っている状態は全く異なる。本はそれほど高くないのは、本当に良かった。今は気に入っている作家についてはできるだけ購入するけど、困ったら図書館で読むこともできる。読書が趣味で良かった。どれだけ切りつめても週に一冊の本も買えないとか読めない状況にはそうそうならないだろう。

ケン・リュウは読んでみようと思いつつ読んでいない作家のひとりで、読後感はどんなふうだろうか。翻訳された文章を読むのが苦手で、時間がかかることが多いのだけど、本作は比較的すらすらと読めた。面白いつまらないの違いではないと思う。面白くても、なかなか読み進められない本もある。では何が違うのだろうか。文化的な近似なのか、知識として知っていることが、英語文化圏よりも多いためだろうか。そんなに知らないか。そのあたりはわからないけれど、読みやすかった。面白いと思ったのは、読むとき、ひとによって中国人名をカタカナ読み(中国語の発音)で読む場合と漢字で読む場合があったことだ。登場回数が多い人については、カタカナ読みで読んでおり、数回の人なら漢字読みをしていた。きっと、漢字と発音の関係を受け入れるまでに数回は必要なのだと思う。一旦頭に入ってしまえば、あとから読めなくなることもなかった、面白い。

続きが読みたければ英語版を見てはいかがか、とどこかにあった。我慢できない人もいるだろう。そこまでして読むか、と考えるけれど、微妙なところではある。翻訳ソフトなどを駆使すれば読めないことはないだろうし、意味をはき違えることもそうそうないとは思うけれど、一回翻訳の段階を入れると、言葉からイメージへの展開がもどかしくなって、物語に入りにくくなりそうなので、たぶん日本語版を待つだろう。読んでいる間に日本語版が出そうでもある。

映像も作られているようだけど、それを見たら構想はわかってしまうのかな?急いでみたいものでもないので、読了後に見ることになるだろう。ちゃんと訳された文章なら、アジア圏の文章は比較的理解しやすい、とわかったことは大きな一歩かもしれない。ライトノベルでも、中国や台湾のひとらしき名前の著者がいる(ペンネームかもしれないけれど)ので、一度手に取ってもいいような気がしてきた。

 

2

勢いをもって読まなければいけないなと痛感している。1巻は発売直後に読み、2巻も発売後すぐに購入した。ただ、上下巻ということもあり、一気に読むことができず、とぎれとぎれ読むことになってしまった。でも、下巻を読み始めたらあとは一気に読めた。面白い。水滴のあれはどういう仕組みなのかわからなかったけど、発想が壮大でとてもよかった。これが三部作の最高傑作との呼び声が高いそうだ。三巻がどういう話なのかは、この感想を書いている時点では知らないけど、きっと発売直後に買うだろう。すぐに読めるかどうかはともかく、それくらい期待しているということで。最終的に感想を上げるのは3巻を読んでからだ。

 

3

読んだ。期待以上の面白さ。三体側の知性がこちらを圧倒するほど高いので、人類サイドで無茶なことをしていても気にならなくなるのはなかなかの力業。冷凍保存だの深海状態だのは、本当にできるのかな?元に戻すのは比較的簡単(ではない!)な気がするけど、やはり冷凍するときとか肺を水で満たす時の技術が求められる。肺に空気が残っていたら、Gに負けてしまうだろうか。多少残っていても大丈夫なようにも思える。冬眠の技術が一般化されてからは、どんどん時間が過ぎていく。その間に起きたことは、普通に描いていればそれだけで一つの作品になりそうなことでもさらっと記載される。超技術を扱うようになってからは、あまり詳しく描くことができないからかもしれないけど、ものすごいリーダビリティで、次々に読み進めてしまった。2巻で小分けに読んでしまったのを反省し、3巻は土日をまるまる使って読了した。Kindleで読んでいたので、残りを表示しないようにして読んでいたけれど、そろそろ終盤であることは読んでいてわかるので、最後は少しずつ読んだ。きっと読み返したら一度目では気が付かなかったところがたくさんあるのだろう。でも、しばらくは読み返すことはないと思う。今のこの読後感を大切にする。

2巻が最高との声が多いと2巻の感想で書いたけど、僕としては3巻が一番面白かった。これまでの集大成なので当然と言えば当然かもしれないけど、2が良いという人の気持ちもわからないではない。全体を通して、すごい想像力だな、と感心するばかり。人物像であったり、話の展開であったり、よくこんなことが想像できるなとおもう。翻訳チームも、予想以上に早く出版してくれたことに感謝する。一体何が異なるのかは今でもわからないのだけど、欧米人の小説を翻訳した文章を読むのには非常に時間がかかる。でも、三体はとてもスムーズに読めた(1菅の感想でも同じことを書いていた)。訳者の違いではない、と思う。大森望の訳は比較的読みやすいけど、コニーウィリスとかはすごく読むのに時間がかかるし、途中でくじけてしまったものもあるくらいだ。家のどこかにドゥームズデイブックがあるはず。それはさておき、中国語の翻訳SFがこれからさらにたくさん入ってくるだろうから、いろいろ読んでみようと思う。

 

あとがきにあったけど、ファンブックを書いた人がいて、きれいに欠落しているところを埋める内容だったから公式に認められたらしい。長編だったので、読み落としていたのか描かれていなかったのかわからないところがあって、それがただ単に見逃していたのか、描かれていなかったのかを知るためにもそのファンブックを読んでみたい。

 

 What is Life 命とはなにか

 正直特に目新しい話はなかったけれど、全体として思考がきれいに整理されているので、あまり遺伝子がどうとかDNAがどうとかに馴染みがない人にいいかもしれない。

ニック・レーンの話をすこし噛み砕いた感じで、これが面白かったらニック・レーンの本を読めば理解しやすいかもしれない。そうは言いつつ、ニック・レーンの話を理解できているかと言うとそれは怪しいけれど。

生き物とはなにか、と考えるとどうしてもウイルスは生き物ではないと判断されてしまう。しかし、細胞などに取り込まれ、遺伝されるようになってしまえば生き物の一部となる。では、感染している最中、つまり細胞の中で増えている段階ではどうなのか、というと、生き物の一部と言っていいのだろう。水とかタンパク質と同じ扱いでいいと思う。

コロナ禍で、女性の自殺が増えているという。女性の自殺が増えているのは、生きにくさが反映されているのだろう。人は、未来のことを考えて、その苦しみを過剰に評価しがちではある。また、生きる意味などを考えてしまうのも、人ぐらいなのだろう。生きる意味なんてものは余り考える必要はないと思う。若い頃は、一廉の人間になれるかも、なんて思ったこともないではないけれど、比較的早めにそういった考えはなくなった。むしろ、生きた痕跡をできるだけ残したくないとも思っている。その割に、本の感想を書いているのはなかなか矛盾していて、自分でも面白い。ほとんどこれを読む人はいないだろうし、はてなのサービスがなくなれば消えてしまうだろう、と高をくくっているのもある。生きていて、それほど楽しいことはなかったような気もする。でもまあ、つまらないと思うのも楽しいと思うのも、生きているからできることだ。この先辛いことしかない、と思うようになったら人は命をたってしまう。生きていたら楽しいことがあるよ、と言われても、死に囚われた人には届きにくいのかな。自分もどちらかと言うとそちらがわ(死にとらわれるほう)なので、本を読む趣味があってよかった。目が見えなくなったら、どうなってしまうのだろうと不安になることもある。こどものころは、利き手がなくなったらどうしよう、と反対側の手で箸を使えるように努力したりしたけれど、そちらの腕がなくなることは考えていなかった。起きていない不幸は、考えても仕方がないことだ、と考えるようにしている。仕事でも思い通りにならない事ばかりで、早くやめたいと思う毎日だけれど、それでもなんとか生きている。

この本には、生きていること、考えることができることがどれほどのメカニズムに支えられているのか、ということが書いてある。この先あまり楽しいことはないのだろうけど、できるだけ生きていよう、とおもう。願わくば、目や手足が機能しますように。

 

[読了] 新しい人体の教科書

まだ流し読みしかしていないけれど、この本を一人で書いたのか、と感心するばかり。文章を読んだだけではわかりにくいことも、的確なイラストが掲載されていてとてもわかりやすい。それでも難しい部分はあるけれど、ここまで丁寧に説明されている本はあまりないように思える(関連の本をあまり読んだことがないので印象にすぎない)。組織がこうなっていることでこんな利点があることや、なぜこうなったのかの考察も面白い。

こんなにもうまく作られているのだから、神様が生き物を創造したのだと考える人がいてもおかしくはない。進化の過程で、これはちょっとバランスが悪いな、という生き物もおおいけど、神様がいろいろ作りすぎて疲れたとか飽きたとかが理由と考えてもいい。考えるのか?神様は万能なのでは?。現時点でも進化している生き物がいるということは、今もなお神様は生き物をいじっているということだろうか。だとしたら、神様は、特にヒトに思い入れはないのかもしれない。

 まあ実際には人の形をした神様はいない。あまりにも人っぽすぎる。神が人のあり方について葛藤したり、悩んだりするとは思えない。ただ、そう願う人がいるのだろう。

 

 

 

[[読了]佐藤究 ANK

Ank: a mirroring ape

Ank: a mirroring ape

  • 作者:佐藤 究
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: 単行本

ダヴィンチのプラチナ本だったのが読むきっかけ。あまり著者のことは知らなくて、各編集者のコメントからSFらしいということが分かったので、読もうと思った。最近SF作家は多いのだろうか、少ないのだろうか。本屋さんを回る感じでは、時代小説とか、ファンタジィとか、妖怪ものが多いような気がする。現代ものが一番多いのかな。近所の本屋さんでは、なろう小説の書籍化(だけではないかもしれないけど)されたラインナップが棚を占める割合が増えてきているけど、この先どうなるだろう。
本作はとても面白かったけど、ダヴィンチ編集部のコメントで期待値がだいぶ上がっていたので、その分感動は少なかったかもしれない。書評を見てから買う人もそれなりにたくさんいるのだろうとは思うけど、先に書評を見た後に読んで、書評を見ておいてよかったと思うことは少ない。それでもなぜ書評を見てから読むのか、と考えると、好みだけで本を選んでいると偏っていくからだとおもう。本はたくさんあるのだし、好きな本だけ選んでも構わないと思う一方、もっと広くいろんなことを知りたい欲求がある。そうはいっても広がりにも限界があるようで、興味がない本を読む時間はない。あまり面白くなかったな、と思うのは楽しくはないけれど嫌ではない。興味がないなと思って読んだ本が思いがけず面白い、ということもきっとあるのだろう。まだないけど。翻訳された本などは、正直苦手なのだけど、表紙買いをしたり、誰かの進めているものを読んだりしている。それでも苦手意識が治らない。もっとするする読めるようになりたいものだ。
話はとても面白かった。物語の舞台は比較的近未来で、10年後ぐらいだ。ただ、生活する環境などはあまり今と変わっていないように感じた。叙述トリックではないけど、年代が明確に記載されていなければ現代に即したフィクションだと思っていたかもしれない。現在に至るこの10年で変わったところと言えば、ネットワークが充実したことだろうか。地図や時刻表など検索しやすくはなったけど、生活自体は大きく変わっていないかもしれない。外出先が便利になろうとも、外出しなければあまり関係がないようだ。と、ここまで書いて、さらっと描かれている部分に進歩している点があったことに気が付いた。10年でそれくらいの変化はあるかもしれない。詳しくは書かない。根幹となるネタについては、面白い一方で、たぶんありえないだろうとおもうけど、SFとしては十分ありだ。8分20秒の話は要らなかったように思える。この本を見て、どの部分がどこまで本当か調べてみるのも楽しいだろうけど、強く人に勧めるほどではない。