井上堅二 馬鹿とテストと召喚獣 4巻

バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫)

バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫)

 相変わらず相手の好意がまったくわからない主人公の少年です。ここまで鈍感なのもありえないとは思うものの「馬鹿」だとの設定からまだぎりぎり大丈夫なのかもしれません。軽く読める小説としてはとても面白い。最後の一場面のために今回の物語はあった、といっても過言ではないと思います。