[日記]

 一時あらすじだけを羅列した本が売れていたようですが、あれを購入する人は何を目的に購入するのでしょうか。読んでいない本をあたかも読んだかのように語りたいのかも知れませんが、一体何のために?もうひとつ考えられるのは、古典を今から読み漁るのも大変だから自分の興味のある内容の本を探すと言うことです。こちらはまだ理解できます。
 物語の価値はあらすじを知ることにあるのではなく、本編で語られる流れにあると思います。あらすじを書くことはネタばれに繋がることで忌避すべきだと言う考えの方もいらっしゃると思いますが、個人的にはあらすじごときでその物語の価値がなくなるとは思いません。そして、あらすじを知ったところでその物語を読んだ気になることは大きな間違いだと思います。